特定非営利活動法人(NPO法人) いちごいち笑 ~明日香の家族~って、なに?

申請に至るまでの経過

仕事として、或いは市民のボランティアとして、或いは身近な親近者の介護・看護をして、様々な苦悩や、疑問を抱えながら活動(生活)を行ってきました。これらの活動(生活)に携わる中で、個々の活動の限界を感じてきました。そこで、地域に根ざした活動が出来、企業や自治体、行政に対する政策提言や社会教育施設の管理運営の受託も可能な特定非営利活動法人の存在を知るに至り、平成17年12月特定非営利活動法人設立準備委員会を立ち上げ、平成18年4月15日設立総会を経て、平成18年7月13日に登記を終了させ特定非営利活動法人(NPO法人)いちごいち笑~明日香の家族~として船出致しました。

NPOとは?

  • Non-profit Organization(民間非営利団体)の略称で、様々な非営利活動を行う非政府、民間の組織で、通常、民間非営利組織と言われています。
  • 一般的には、NPOには公益法人、市民活動団体、ボランティアグループなど法人格の有無に関係なく含まれます。
  • 平成10年12月に施行された「特定非営利活動促進法」(通称:NPO法)に基づき認証を受け、法人格を取得した団体を「特定NPO非営利活動法人」(NPO法人)と言います。

鹿児島県の認証を受けたNPO法人は243団体(平成17年12月末現在)に達しております

「鹿児島県のNPO(鹿児島県庁)」

つまり…

事業で得た「利益」・「利潤」を、株式会社の様な営利企業と違い、会員や役員へ還元せず、自主事業への為に投資する。

あるいは、他のボランティア団体へ寄付する。

決して、役員や会員への配当金に用いたり、土地や株式などのようなものへの投資資金には用いない。

目的は?

この法人は、『人と社会と向き合う勇気』『お陰さま』この二つを念頭に、介護する側も、介護される側も「笑顔」で暮らせる社会・地域づくりを行い少しでも明るく健全な社会へ寄与する事を目的としています。

その目的達成の一つの手段として、次に掲げる活動を展開して行きます。

設立主旨

-> PDFファイルにて

定款

-> PDFファイルにて

役員名簿

-> PDFファイルにて

事業分野

特定非営利活動の種類

第4条 この法人は、前条の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。

  1. 保健,医療又は福祉の増進を図る活動
  2. 社会教育の推進を図る活動
  3. まちづくりの推進を図る活動
  4. 観光の振興を図る活動
  5. 農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動
  6. 学術,文化,芸術又はスポーツの振興を図る活動
  7. 環境の保全を図る活動
  8. 災害救援活動
  9. 地域安全活動
  10. 子どもの健全育成を図る活動
  11. 情報化社会の発展を図る活動
  12. 科学技術の振興を図る活動
  13. 経済活動の活性化を図る活動
  14. 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
  15. 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡,助言又は援助の活動
事業

第5条 この法人は、第3条の目的を達成するため、次の事業を行う。

特定非営利活動に係る事業

  1. 道路運送法に規定する一般乗用旅客(患者等輸送事業)自動車輸送事業及び,過疎地輸送・特定旅客自動車輸送事業並び,福祉有償輸送事業,民間患者等搬送事業
  2. 介護保険適用外の方々への生活支援サービス事業( 助け合い事業 )
  3. 介護保険法に基づく介護事業(通所介護及び訪問介護,介護予防通所介護,居宅介護支援)
  4. 障害者自立支援法に基づく障害福祉サービス事業
  5. 生涯学習等を通じて,地域の住民の交流を図る事業
  6. 「障害者」「障害児」「高齢者」福祉・社会教育等に関する支援・交流・連携及び調査研究,普及啓発事業
  7. 地域の商店街・中心地の活性化支援事業
  8. 「バリアフリーツアーに関する事業
  9. 過疎地・維持・存続が危ぶまれる地域の活性化支援事業
  10. 文化・芸術を通じた高齢者・障がい者などの生きがいづくり支援事業
  11. 地球温暖化に関する啓発事業協力及び実施に関する事業
  12. 災害ボランティア救援活動に関する事業
  13. 地域の安心安全に関する支援事業
  14. 「笑って元気!」プロジェクト(笑いに手法を用いた健康プロジェクト)事業
  15. 青少年の健全育成に関する事業
  16. 「笑い」等の様々な活動報を提供しながら、情報化社会の健全な普及及び発展を支援する事業
  17. ICT(Information and Communication Technology)技術を生かした活動支援事業
  18. 地域に眠る特産物の普及・拡販による産業振興事業
  19. 就職・就学の新しい場の開発と、職・学の定着率の上がる雇用の場作りに関する事業
  20. NPO法人及び特定非営利任意団体に関する連絡,助言又は援助する事業
  21. 公の施設の管理・運営に関する事業及び連絡,助言又は援助する事業

法人名の由来

「一期一会」の精神を持ち、多くの方に愛される名称をめざし、子供から高齢者まで誰でも親しみやすく読めるように平仮名で表記しました。最後の一文字「会=え」だけを漢字にしたのは「笑顔で暮らせる社会」にしたいと考えたからです。

~明日香の家族~は文字通り家族を意味します。「明日香」=「法人」=「私の子供」であると共に「皆様に愛される子供」と言う意味をも持たせました。

定期刊行物

『Smile for Me』(定期<月刊>発行:会報誌:会員全員)

『笑って元気!』(不定期発行:読み物<“笑”の情報誌>:会員全員ほか)