第4回 塚原 成幸の『クラウンにチャレンジ!』

「人は笑うから楽しいんだ!!」を実感しませんか

クラウンとピエロはどう違うの?

ケアリングクラウンは、病室で何をするの?

ケアリングクラウンになるにはどうしたらいいの?

このワークショップに参加すると、もちろんそんな疑問は解決します。

でも、それ以上たくさん笑って たくさん遊んで たくさんクラウンを感じることができるクラウン・パックマンのワークショップです。

クラウンになりたい人だけではなく、楽しい時間を過ごしたい人、最近笑いが足りないなあと感じている人、ぜひご参加ください。

道化の楽しさを自分の体で体験!

「クラウン」の本質はコミュニケーション。相手との「呼吸」が大切。

その呼吸を感じられるよう、自分のからだを敏感にしよう。

と言う事で、イヨイヨ「クラウン」を学んでいきます。準備はよろしいですか?

日時

2008年1月27日(日)10:00~17:00(入場9:30)

場所

県民交流センター 東棟5階 絵画制作室

鹿児島市山下町14-50 TEL.099-221-6600(代)

※駐車場は有料です。公共交通機関をご利用ください。

参加費

一般:3,000円

学生:2,500円

募集(合わせて)

30名

その他

「託児所」も準備する予定です。希望者は2週間前までにご連絡・お問い合わせ下さい。

ワークショップ ケアリング・クラウン体験(予定)

指導者/塚原 成幸 指導補助/高田 佳子

塚原 成幸 プロフィール

クラウン(道化師)名/PACKMAN THE CLOWN

東京都出身。劇団の拠点は塩尻市、現在は大阪市在住。

1991年長野大学で社会福祉学を修め卒業。学生時代は保育園で働きながら、紙芝居を中心とした一人芝居を行う。大学卒業と同時に移動劇場「シアター道芸」をスタートさせる。

1995年以降は、災害地域での救援活動やまちづくりの支援、医療や福祉、教育の分野において「毎日を笑顔に変える」様々なユーモア講座等を実践している。

2005年からは日本で初めてのクリニクラウン(臨床道化師)の組織、特定非営利活動法人・日本クリニクラウン協会の事務局長兼アーティスティックディレクター(芸術監督)を務めている。

「これからも道化師として、人に関わることは何でもチャレンジ していきたい」

www.clownpackman.jp

※昼食をご持参下さい。お弁当の注文をお受けいたします(別途費用)。必要な方は1週間前までにご連絡下さい。

※動きやすい服装・靴でお越し下さい。

※床に寝ても良いように、バスタオルのようなものをご持参下さい。

※「託児所」も準備する予定です。希望者は2週間前までにご連絡・お問い合わせ下さい。