第2回・3回 瀬戸嶋 充の『ボディ・ライブ』

気持ちよくて誰でもできる瀬戸嶋充の「ボディ・ライブ」より、ふれあい体操のご案内です

現代人の生活は、からだと心が疲れることで一杯です。がんばればがんばるほど、見えない部分で疲れはたまっています。あなたの健康は「若さ」がくれるものではありません。医者が守るものでもありません。食事や運動などの生活習慣が大切なのはもちろんですが、自分自身のからだに注意を払い、意識的にメンテナンスする手法を身につける、それが「ボディ・ライブ」。

このプログラムでは、自分のからだの状態を感じる方法、からだの力を抜き関節を緩めて深くリラックスする方法、そして笑顔が出やすくなるエクササイズを学んでいただきます。

介護者やストレスのたまる仕事をしている人にはとても有効な手法です。そして、ケアリングクラウンを目指す人にとっては必須のテクニックです。

からだをリフレッシュさせるとっておきのリラックス法。特に介護者の方に体験していただきたい、気持ちよくなる方法。

「知識」=「頭」だけの「笑い」は不健全。全身で笑えるよう、「クラウン」のアイデアを試してみよう。

と、言う事で下記の講師の方々をお呼び致しました。

脱力感、自分の体が変化し、気持ちよく動き出す・・・是非ご体感下さい。

日時

2007年11月24日(土)14:00~17:00(入場13:30)

2007年11月25日(日)10:00~17:00(入場9:30)

場所

県民交流センター 東棟5階 絵画制作室

鹿児島市山下町14-50 TEL.099-221-6600(代)

※駐車場は有料です。公共交通機関をご利用ください。

参加費

(土・日)1日のみ参加

 一般:3,000円(当日3,500円) 学生:2,500円(当日3,000円)

(両日)2日間参加

 一般:5,000円(当日5,500円) 学生:4,500円(当日5,000円)

募集(合わせて)

両日とも30名

ワークショップ リラックス方法と遊び(予定)

指導者/瀬戸嶋 充 指導補助/高田 佳子

瀬戸嶋 充 プロフィール
  • 1957年 東京都生まれ
  • 1980年 東京理科大学卒業
  • 1981年 竹内演劇研究所参加・同年、野口体操教室参加
  • 1984年 竹内演劇研究所スタッフとして、からだとことばのレッスンを開始
  • 1988年 人間と演劇研究所を創設、からだとことばの教室を担当
  • 1990年 人間と演劇研究所主宰となる
  • 1998年 演劇団侏羅設立
  • 2004年 現在、人間と演劇研究所代表

1981年より、野口体操を学ぶ、同時に竹内敏晴演劇研究所で演劇トレーニングを積み、体とことばのレッスンを担当する。1988年、体と言葉の教室を始める。学校現場、教師のためのコミュニケーショントレーニング、ビジネスマンの為のリラックス法などのワークショップを各地で開催し、介護予防、健康教室、デイケアなど幅広い分野で活動を行う。

第3回 瀬戸嶋 充の『ボディ・ライブ』

第2回で学んだことを自分でやり方を覚えたい人はぜひ受講を。今回だけの笑いのエクササイズも有り。

ワークショップもイヨイヨ本格的になって来ます。【自分が「クラウン」になって、動いてみよう。】

と、言う事で前回に続いて下記の講師をお呼び致しました。

より実践的なワークショップを体験して自分のモノにして下さい。

日時

2007年12月8日(土)14:00~17:00(入場13:30)

2007年12月9日(日)10:00~17:00(入場9:30)

場所

県民交流センター 東棟5階 絵画制作室

鹿児島市山下町14-50 TEL.099-221-6600(代)

※駐車場は有料です。公共交通機関をご利用ください。

参加費

(土・日)1日のみ参加

 一般:3,000円(当日3,500円) 学生:2,500円(当日3,000円)

(両日)2日間参加

 一般:5,000円(当日5,500円) 学生:4,500円(当日5,000円)

募集(合わせて)

両日とも30名

ワークショップ 笑うのはからだ(予定)指導者/瀬戸嶋 充 指導補助/高田 佳子

※11月25日(日)・12月9日(日)は昼食をご持参下さい。お弁当の注文をお受けいたします(別途費用)。必要な方は1週間前までにご連絡下さい。

※動きやすい服装・靴でお越し下さい。

※床に寝ても良いように、バスタオルのようなものをご持参下さい。

※「託児所」も準備する予定です。希望者は2週間前までにご連絡・お問い合わせ下さい。